イカリムシ

イカリムシは頭が船の錨(イカリ)のような形をした細長い寄生虫で、頭部を頭に食い込ませて寄生します。

白くて5〜10mmという大きさなので肉眼ですぐに見つけることができます。

この場合も金魚をつかまえてピンセットで丁寧に取り除いていきます。ウロコに沿ってゆっくり引き抜きます。
イカリムシが引きちぎれて頭部が残ると再生してくるので注意が必要です。

イカリムシを除去したあとは傷口からの病気感染を防ぐため、食塩浴薬浴をさせるといいでしょう。

薬によってイカリムシを除去する場合はリフィッシュを用います。




リフィッシュ



金魚としてのらんちゅう


らんちゅうの病気
白点病
尾ぐされ病、エラぐされ病
水カビ病
穴あき病
立鱗病
転覆病
ウオジラミ
イカリムシ
ショック
白雲病
リンク
リンク集1
リンク集2

運営者情報・プライバシーポリシー

サイトは運営者情報、プライバシーポリシーはサイトのトップページに記載しています。

らんちゅうの病気 トップページへ

RSSリーダーに追加

iGoogleに追加

My Yahoo!に追加

健康維持