転覆病

らんちゅうなどの丸っこい金魚に多い病気で、お腹を上にして浮いてしまう病気です。

金魚の浮き袋に何らかの異常により起きるようですが、原因は内臓脂肪神経障害といわれています。。
をたくさん与え急速に成長させたりしたときに発生するようです。

転覆病になると腹を上にしたまましばらく生きていますが、いずれ死んでしまいます。

金魚に2〜3日絶食させたり、水換えを行い水温を上げて活動させると改善される場合があります。
神経性のものは食塩浴薬浴してもいいでしょう。

太りすぎているときは脂肪が原因の可能性もあるのでは少なめにするとかしてみましょう。




テトラ IC サーモヒーター



>>日本一に輝いた山田芳人のらんちゅう飼育法

ランチュウの種類


らんちゅうの病気
白点病
尾ぐされ病、エラぐされ病
水カビ病
穴あき病
立鱗病
転覆病
ウオジラミ
イカリムシ
ショック
白雲病
リンク
リンク集1
リンク集2

運営者情報・プライバシーポリシー

サイトは運営者情報、プライバシーポリシーはサイトのトップページに記載しています。

らんちゅうの病気 トップページへ

RSSリーダーに追加

iGoogleに追加

My Yahoo!に追加

健康維持