尾ぐされ病、エラぐされ病

尾びれ背びれ、エラが腐ってくる病気で、水質の悪化病原菌が原因で起こります。
フレキシバクターエロモナスという病原菌によるといわれ、見つけたら早期に別の容器に移しましょう。

水質が酸性になると発症するともいわれていますので、水槽のpHを調べたり、水換えを行ったりしてみるのもいいかもしれません。

尾ぐされ病、エラぐされ病にはグリーンFリキッド、ニューグリーンF、グリーンFゴールド顆粒、アグテン、メチレンブルー水溶液、エルバージュエースが効果があります。

尾ぐされ病の原因はいくつかあるので白点病の薬では効かないこともあるので注意が必要です。

薬浴をして尾の先が黒いシミのようなものが出てくる場合がありますが、これは治りかけの合図です。




アグテン


らんちゅうの病気
白点病
尾ぐされ病、エラぐされ病
水カビ病
穴あき病
立鱗病
転覆病
ウオジラミ
イカリムシ
ショック
白雲病
リンク
リンク集1
リンク集2

運営者情報・プライバシーポリシー

サイトは運営者情報、プライバシーポリシーはサイトのトップページに記載しています。

らんちゅうの病気 トップページへ

RSSリーダーに追加

iGoogleに追加

My Yahoo!に追加

健康維持