白点病

白点病は金魚が最もかかりやすい病気です。

白点虫という繊毛虫が金魚の体表やエラに取りついて起きる病気で、白い粒がポツポツとついた感じになります。

体をこすりつけたりしているとこの白点病の可能性があります。

白点病の治療には水温28〜30度に上げて白点虫の卵の孵化を促すと同時に薬を入れ、3〜4日薬浴するといいでしょう。
このとき薬を入れる前に水草は取り除き、しっかり洗っておくといいでしょう。水草を取り除かなくても大丈夫な薬もあります。

白点病に効く薬はグリーンFクリアー、グリーンFリキッド、ニューグリーンF、メチレンブルー水溶液、アグテンなどです。
それぞれ取扱説明書を読んでから使用しましょう。

また、冬場にらんちゅうの頭に白い点のようなものが出る場合がありますが、これは脂肪のかたまりで白点病ではないので薬浴の必要はありません。




ニューグリーンF



らんちゅうの病気
白点病
尾ぐされ病、エラぐされ病
水カビ病
穴あき病
立鱗病
転覆病
ウオジラミ
イカリムシ
ショック
白雲病
リンク
リンク集1
リンク集2

運営者情報・プライバシーポリシー

サイトは運営者情報、プライバシーポリシーはサイトのトップページに記載しています。

らんちゅうの病気 トップページへ

RSSリーダーに追加

iGoogleに追加

My Yahoo!に追加

健康維持