本サイトについて

らんちゅうなど金魚を飼っていると気になるのが病気ですね。

良くかかりやすいのが白点病ですが、他にもいろいろな病気があってそれに合わせた対処法をしないといけませんね。

薬にもいろいろありますが、まず水質に気を配るのも予防の一つです。

水換えを定期的に行ったり、紫外線殺菌灯を使用したりするといいといわれます。

らんちゅうなどの丸っこい金魚は転覆病というのになりやすいそうです。




>>金魚の治療薬をさがす



らんちゅうなど金魚の病気は

らんちゅうに限らず金魚を飼育していると気になるのが金魚の病気です。
金魚の病気は伝染性のものが多いので、ちょっとおかしな金魚がいたら、まず別の水槽に移しておくのがいいでしょう。

病気になった金魚を見分けるには、体表を見て正常な場合と比べて変化がないか、寄生虫はないかを観察してみましょう。
口をパクパクさせていたり、飛び跳ねたり、体をこすりつける、餌をあまり食べないなどの行動もチェックして見るといいでしょう。


病気になった金魚は普通、食塩浴薬浴をします。また寄生虫を発見したらピンセットなどで取り除いてやります。

食塩浴の場合は1.5%の濃度の食塩水に1時間ほど泳がせます。

病気になるのは水質の悪化、餌のやりすぎ、ストレス、水草や新しい魚の追加による病原体の持ち込み、ストレスなどが原因となっておこります。
ですので薬だけに頼らず、水質にも注意を払うようにしなければなりませんね。

紫外線殺菌灯を使用すると病原菌やウイルス、寄生虫、アオコなどの殺菌を行えるので病気の予防にもなります。

ペットショップの人と相談してみるのもいいでしょう。


>>紫外線殺菌灯を選ぶ




>>日本一に輝いた山田芳人のらんちゅう飼育法

らんちゅうの病気
白点病
尾ぐされ病、エラぐされ病
水カビ病
穴あき病
立鱗病
転覆病
ウオジラミ
イカリムシ
ショック
白雲病
リンク
リンク集1
リンク集2

運営者情報

当サイトはリンクフリーですが、以下にあげるような内容のサイトはお断りします。

・アダルト関連の記事を扱うサイトさま
・誹謗中傷を主としたサイト
・著作権侵害の恐れがあるサイト

【お問い合わせ】
「らんちゅうの病気」
ovul1@yahoo.co.jp

プライバシーポリシー

【プライバシーポリシー】当サイトは、サイト内の広告利用状況の集計のために、クッキー、ウェブ・ビーコンといった
汎用技術を用いています。取得したホスト情報などは広告利用状況の集計にのみ利用することをお約束いたします。

RSSリーダーに追加

RSSリーダーに追加

iGoogleに追加

My Yahoo!に追加

健康維持