ルームシェアって

ルームシェアとは1つの家族が住むような1軒分の家に、家族以外の人間と2人以上で住むことをいいます。

普通、全くの他人、友人同士の場合が多いですね。家には部屋がいくつかあるのでそれぞれがプライベートな部屋を持ち、キッチン、玄関、トイレ、風呂場はみんなで共有して使うのが普通です。

生活でかかる水道光熱費はルームシェアでは折半のルールが一般的です。

日本では個人の場合ワンルームマンションに入るケースが多いですが、東京などの都会では家賃が高くて狭く、働いている人でも給料の何割かは家賃で消えていくということになります。学生やアルバイトをしている人も家賃には苦労することが多いようです。

ところが、ルームシェアでは1軒の家をみんなで共同して家賃を払うことになるので、ワンルームマンションに入るよりも家賃も少なく広めのスペースを使うことができます。

海外ではこのルームシェアという方法は結構行われていて、学生などによく用いられていますし、外国の映画ではときどきルームシェアをしている場面も出てきたりしますね。

ルームシェアのメリットとデメリット

ルームシェアのメリットはなんと言っても家賃が安くすむということ、うかせたお金で食費や貯金に回せます。

次に共有スペースもあるので比較的広々と使えること。

そして、女性だとストーカー不安もルームシェアなら人がいるので安心。

それから、駅の近くやバス停の近くなど比較的交通の便がいいところに住むことができること。
寂しがり屋だといつも人がいて楽しいこと。
自分あてに来た宅配便も受け取ってくれることなどがあると思います。

逆にデメリットといえばプライバシーや自由度が制限されること。
1つの家に共同で住むものですから共有スペースではお互い顔を合わせたりしないといけないですし、一定のルールがないと共同生活は成り立ちません。
たまには言いたくないことでもはっきり言わなくてはならないときもあります。キッチンやお風呂も1人が使っていると時間をずらして使わなければならないこともありますし、夜が遅かったり、朝が早かったりと生活時間帯があまりに違う人とルームシェアすると落ち着いて寝られないこともあるかもしれません。

また、性格が几帳面な人とおおらかな人とではトラブルになることもルームシェアでは考えられることです。

ルームシェアのマナーと探し方

トラブルを防ぐためにルームシェアをするときの基本的マナーを知っておくといいでしょう。

まずはテレビやオーディオの音は小さめかヘッドフォンで。
毎月家賃と水道光熱費、共同管理費はきちんと払う。
食料は自分のものと分かるように名前を書くなどする(特に冷蔵庫)。
同居人とは対等の関係でつきあう。
通帳、財布、免許証、クレジットカードなどの貴重品はなるべく人の分からないところに置いたり、金庫に入れる。
洗濯機や電子レンジなど使ったら必ず空けておく。

といったものがルームシェアをするときに気をつけることでしょうか。

では、ルームシェアを募集している物件を探したりするにはどうすればよいでしょうか?
一番良いのはインターネットでルームシェアの掲示板を探してみることです。
「ルームシェア ジャパン」や「ルームメイトカフェ」といったサイトは地域ごとに掲示板があって探したり募集したりすることができます。
ルームシェア情報は少し古かったりしますので、興味のある物件があれば問合わせたり、写真を送ってもらったりして検討し、必ず現地で確認しましょう。同居人を募集する場合は詳しく情報を出してあげましょう。

スポンサード リンク

Copyright © 2009 ルームシェアで家賃をうかす

【プライバシーポリシー】当サイトは、サイト内の広告利用状況の集計のために、クッキー、ウェブ・ビーコンといった
汎用技術を用いています。取得したホスト情報などは広告利用状況の集計にのみ利用することをお約束いたします。


健康維持